静岡で緑内障の治療を受けて改善することができました

視界がぼやけるのは緑内障の初期症状だった

仕事でパソコンに入力をする業務を任せられるようになってから、目に疲れを感じるようになったので、普段からテレビを見ることを控えたり目薬を活用するようにしていました。
しかしその後、何となく視界がぼやけて見えるようになり、目薬をしたり眼を休ませても改善できなかったので視力が低下したのだろうかと不安に感じました。
視力は親も京大も良好なので、自分も目はいいという自信を持っていましたから心配になったので静岡にある眼科クリニックに診察をしてもらうことにしました。
その結果、視力そのものは落ちていないけれど、眼圧が下がっていて緑内障の初期だと診断されました。
緑内障はそのまま放置をしておくと、少しずつ重症になるので視界がさらに狭くなってしまうということがわかりました。
医師からは今すぐに治療を始めましょうということで、まずは眼圧を正常の維持するために専用の点眼薬を処方してもらいました。
点眼薬で改善されないようであれば、内服薬などの方法もあるからと言われたので安心して治療を受けることができました。
それからは定期的に点眼薬を使っていましたが、視界が改善されたとは思えなかったので内服薬も処方してもらいました。
それで改善したので安心し、内服薬の処方もやめていましたがそれから1年ほどたった時に再び視界が狭くなりました。

視界がぼやけるのは緑内障の初期症状だった進行が進み手術を勧められるあっという間のレーザー手術で視界がスッキリ