静岡で緑内障の治療を受けて改善することができました

あっという間のレーザー手術で視界がスッキリ

手術を行うときには、レーザーは痛みを感じないものの精神をリラックスさせるために点眼用の麻酔を行ってもらいました。
そうすることで自分の目が開いているものの、感覚は全くないという不思議な感じになりました。
1つの絵をずっと見つめていてくださいといわれて視点を定めたら、そのままレーザー手術が始まりあっという間に終わりました。
時間にして5分ほどだったようで、終わった後もまだ麻酔がきいていたのでぼんやりとした感じが続きました。
休憩室で30分ほどゆっくり目を閉じて休んだ後、検診を受けて帰宅することができました。
麻酔が切れて自分で瞬きができるようになったときは、緑内障により視界不良が完全に解消されていて、視界がくっきりしていました。
一枚薄膜がかぶっていたようなものが、取り払われたようにすっきりした感じで爽快さを感じました。
緑内障の治療には、点眼薬からレーザー治療まで様々な方法があるようですが、症状が早期であればあるほど治療法が多くて改善しやすいということがわかりました。
最初は怖がっていましたが、眼科医が丁寧に説明をしてくれたことで決断できたのだと感謝をしています。
ただ再発をする可能性はあるので、これからも定期的に検診を受けて視力を維持したいと考えています。

視界がぼやけるのは緑内障の初期症状だった進行が進み手術を勧められるあっという間のレーザー手術で視界がスッキリ